節約してでも行きたくなるのが男の性ですね

  • 2013年05月08日

結婚してからは風俗に行くのをやめていたんです。だって小遣いも少なくなったし、嫁さんが嫌がるんで仕方なく。でも出産の里帰り中に、どうしてもムラムラしてしまって。自分で処理するのも嫌になってきてたし、勢いで五反田まで足を運んでしまいました。良さそうな店を探してると、ポン引きのお兄さんに引っ張られていつの間にかイメクラに入っていました。受付も男性だったので、遠慮なく「とりあえず気持ちよく抜きたいんだよねー」と言うと「この娘がおすすめ!感度抜群だよ!」と紹介されたのは初めての歳上。まあでも気にしないので即決しました。部屋にいると、やってきたのはちょっと疲れた感じのお姉さん。でも色気がムンムンで、ムスコは早くも反応。「あらら、元気ね」なんてミステリアスに笑われ爆発しそうだったので、急いでシャワーで沈めました。プレイは、女医さんと患者。「先生、ここが苦しいんです」とムスコを指差すと「あら、大丈夫かしら?」なんて言いながら、聴診器でグリグリ。M気質の自分、痛いのと気持ちいいのでヤバかったですね。「先生も、ここが濡れてますよ」なんて下の口に手を這わすと「あん!お仕置きするわよ!」なんてロープで縛られて。途中からは違う方向になっていましたが、とても楽しくて最高でした!その日は気持ちよく帰ったんですが、実は嫁さんがくれたのは里帰りの間の食費。それをイメクラに使ったもんだから残りの日々はカップラーメンばかりでした。まあ、それでもやめられないのが風俗ですね。

 

合わせて読みたい体験談